ヲトメごころな日常

恋愛シュミレーションゲーム中心の、 二次創作サイト「ヲトメごころ…」の管理人さくら詩乃が、 日頃の煩悩や感想などを書き綴っています。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

これは、決して見逃すことができない

これ以降の日記の内容は、ニュースで取り上げられていた、久間防衛相の発言について書いております。

正直言ってかなり怒ってますので、お嫌な方はスルーしていただければ幸いです。

でもね、本心で言えば、読んで欲しい。
















久間防衛相の
「原爆投下はしょうがない」
と言う発言。

いったいどの現実を見てこの方はこんな発言をしたのだろう…。
冷静な分析??

『しかたがない』というのは、戦争を起こした人間の発言だよ。
そして、大切なモノを失っていない人の発言だよ。


私の母方の親族はほとんどが長崎出身。
そう、ほぼ半分が原爆投下で亡くなっている。

私の祖母は長崎に新型爆弾が落ちた直後に大分から汽車と歩きで長崎まで行き、その惨状を目の当たりにしている。
峠を登った先に、一望できるはずだった長崎の街は、何一つ残ってなくて、一緒にたどり着いた人たちと、しばらく呆然と立ちすくんだと聞いた。

残骸の中、親戚が住んでいた家を見つけ出して、安否を確認しようとしたけれど、中心部に近かったから、遺骨の一つも見つけることができなかったそうだ。

そこに住んでいたのは、祖父の兄の家族。
お母さんと、中学生の男の子、小学生の女の子、まだ赤ん坊だった女の子。

その命の片鱗も祖母は見つけることができなくて、残骸を必死に探してようやく見つけることができたのは、

お兄ちゃんがつけていたと言う十字架ひとつ。

祖母は、それをお墓の中に埋葬して、お骨の代わりにしたそうだった。



出征していた祖父の兄は、たった1発の爆弾で、大切な家族を全て亡くした。

そのあと、その人は、2度と結婚することなく、死ぬまで独りでいた。
おしゃれな人で、コーヒーの大好きな人だった。
自分で豆を挽いてコーヒーを入れるのが好きで、本当にハイカラな人だった。

その人の本当の悲しみと孤独を理解したのは、私が生まれてきた娘をこの手にした、その時だったと思う。

いまでも、朗らかに優しく話してくれるおじいちゃんを覚えてる、亡くなる直前に見舞いに行った私の母から私が結婚したと聞いて、とっても喜んでくれた人だった。

でも、この人の家族とともに得られたはずの幸せは、たった一発の原爆によって、永久に奪われた。

命に、優劣なんて無い。
一つ一つ、それぞれ誰かにとってかけがえのない大切な存在だからこそ、

「しかたがない」

と言う言葉を、言えるはずがない。

久間防衛相、あなたは何を見て、何を思って、あの爆弾で無くなった多くの命に対して、この言葉を発したのか…。

冷静に?客観的に?

原爆で、いいや、戦争で大切な人を失った人に面と向かって、貴方はその言葉を堂々と言えるのか?

あなたが、もし、大切な人を人為的事でに亡くして、第3者から
『それも、しょうがない事じゃないの?』
と言われて、冷静にいられるだろうか?


政治家として冷静な発言だろうけれど、人としては最低だ。


もう一つ、私が高校生の時に出会った広島の人。
彼は、被爆3世の高校3年生、白血球の数値が異常に高くて、常に原爆症の恐怖にさらされていると、語っていた、友人がつい最近白血病でなくなったのだと、涙ながらに語っていた。

正直、衝撃だった。
戦争は終わってない。

原爆で苦しんでいる人は、たくさんいる。
戦争が終結して、60年以上経ってるから、私たちには現実味がないかもしれない。

忘れてしまえば、また同じ事を繰り返しかねない事を知って欲しい。

戦争は、たくさんのそれぞれに大切に思う命が奪われること。
戦争をすると言うことは、その命を奪うこと。


私は本当にイヤだ、自分の命をかけて産んだ子どもが、戦争によって殺されることも、殺すことも。

| 通常日記 | 2007-07-01 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。